やっときたインド #01

インドにはいつか行ってみたかった。今回FabLabのアジア地区のイベントがムンバイとコーチンで開催されることになって、これはいい機会!ということでおやすみをもらって行ってきました。高校の頃に「河童が覗いたインド」を何十回も読んでからいつか行ってみたいと思っていたけど、なかなか踏ん切りが付かず。やっと行けることに。インドで気になったものを紹介していく全2回の1回め。

ムンバイの朝。見かけたトラックが派手だなあと思ったらだいたいどのトラックも派手だった。

大学のカフェテリア。左奥のキャッシャーで注文して支払い、もらったレシートを右のサービスと書いてるところのおじさんに渡して商品をもらう。チャイ10ルピー。他の物は何があるかわからないので頼めなかった。このシステムは結構あちこちで見かけた。道端のドライブインとか。

教室のエアコン。寒い。設定温度15度とかにしてるでしょ?それに4連装。

どこでも犬が寝ている。あまり起きてる犬を見なかった。大抵寝ている。

わぁ〜!本当に牛が道端にいるよ!

最寄り駅のChembur駅では猫が駅員だった。「無賃乗車はダメだにゃ」記念撮影を日本台湾チーム

長距離列車のターミナルの一つ、Lokmanya Tilak駅のチケット売り場。右側に「予約」とか書いてあるがそっちに行くと予約を代わりに取るおじさん達の餌食に成る。自分はちょっと彼らに余分に取られた。でもまあいいや。

日本、台湾、ベトナム連合で行った初日の晩御飯。HOTEL SUNNYで集合ということでUberで向かったんだけどHOTELとは思えないこじんまりとしたお店だったので、本当にここで良いのか不安になった。こっちでは食堂もHOTELなのかもしれない。16人くらいいたので入れるか不安に成ったけど、店の奥にエアコン&ファミリールームと言うのが幾つかあって余裕で入れた。見た目よりずっと中は広かった。味は美味しかったけど、予期しない甘さのものもあったり。焼き魚が生だった疑惑があって一人お腹を壊したみたい。

Chembur駅近くの夜店。23時くらいまで。賑やかで良い。何か買ってみたかったけどこの時は2000ルピーとかしか持ってなくて無理だった。両替所は行く前に報道で見たよりは新札切り替えの行列が減っていた。ATMも使えたけど2000ルピーしかないとかはあった。

夜の街を牛車が来たので興奮して写真撮ったけどなんかブレた・・・。このツノすごいわ。

朝早く、他の店がまだ閉まっている中店を開けていた鶏肉屋さん。生きている鶏と、肉になっている鶏。

インド名物のめちゃ混みの電車。しかし日本で鍛えられた我々には大したことはなかった。問題はドアが閉まらないのでドア付近に乗ると落ちる可能性があることだ。

日本、台湾、ベトナム、フィリピン連合で電車に乗って夜にムンバイの中央駅、昔はビクトリア駅と言った場所へ。乗ってきた電車と記念撮影。

列車を待つ人でごった返す駅。インドの女性の服って綺麗だよなと。

ライトアップされるムンバイ中央駅。格好良かった。

中央駅付近にあった、ちょっとだけ高級なレストラン。最後清算が終わった後でチップを要求されたので、仕方なく払った。先に言ってよw

渋滞では隙間が少しでもあるとバイクやリキシャ、下手すると車が突っ込んでくるのでここでは運転できないわ〜。

ジュースとアイスクリームの屋台。ジュースはガラスのコップで出してくれるけど、洗うのは足元の緑と白のバケツに漬けるだけ。

ムンバイの空港の脇は巨大なスラム街。夜は電気が点いていたりするのでどうやって電気を引いてるのか気になるところ。

コーチン空港近辺は森が多かった。ムンバイでは森は見なかったように思う。

コーチンの食堂の店先で。こうやって見せられると食べたくなる。

ので、食べる。「おいおい外人だぞ!」みんなジロジロ見てくる。こちらに興味津々という感じ。美味しかった。彼らはチャイとパン一個とかをかじってすぐ出て行くがどんどん入れ替わる。人気の店なのかな?

八百屋さん、美味しそうだった。

魚屋さん、チャイニーズ・フィッシュネットがこの辺りでは盛んらしいのでそういうので取れたのかな?

インドでうまくいってるといえば、スズキ。現地ではMULTI・SUZUKIという名前で合弁している。大学の頃にタダでもらって乗っていたアルトの拡大版がまだまだこちらでは現役。懐かしい。

コーチンでは禁止されたココナッツのお酒TODDYをリキシャを雇って飲みに行った。ちょっと炭酸。飲みやすい。ちょっと発泡の日本酒みたいな感じ。赤い柄の濾し器で漉しながらコップに注いで飲むらしいが、テーブルに直に置いてあるので漉した方が汚くなる気がするのです。フィリピンにも同様のTUBAというのがあるらしい。

店の奥で作っているらしく見せてくれた。左下の青い大きなバケツにココナッツの汁を入れて1日置いたら瓶に入れて出来上がり。えっ?!1日だけ?詳しいことが不明。浜松の竹さんが飲みに行きたがってたけど15kmとか離れていて躊躇していたので、「今行けば15kmだけど帰国したら何千kmですよ。」とそそのかして同行。自分が行きたかっただけw

可愛い色の3輪車。自家用なのかな?

道端のお店。Uncle JOHNが目を引くが、上の看板を見ると、インドはジオン軍の勢力下であることがわかった。

門扉に溶接で名前を付けている家をコーチンには何軒か見かけた。結構格好いい。日本のようになんでも既製品だとこう言うのは贅沢ですよね。

フォート・コーチンのホワイト・ジュー地区の骨董屋さん。日本から買い付けに来るそうな。ホーローのカップくらいなら記念に買ってもいいかなと思ったけどバカバカしい値段だったので辞退。その値段だったらすげーいいの買えるよ。日本で。

バイク・ドクター。救急車の代わりにお医者さんがバイクで駆けつけるようなサービスもあるらしい。

ロイヤル・エンフィールド。クソ格好いい。最近のバイクに混ざって結構いっぱいいて、わざわざこれを選ぶインド人が結構いるのが嬉しい。

ポスト。昔の日本のにちょっと似てる。

やっぱ乗らないとね♫
メーターで走ってくれたらラッキー。値段交渉になるとしんどい。

中古の建具屋さん。こう言うところで仕入れられると雰囲気ある窓とかドアを家に付けれるのかなあ。運賃がひどいことになるかな?

コーチンの街中にあちこち、DYFIって書いてあってなんなのかな?と思ったら共産主義の大会が今度このあたりであるんだとか。でそのイベントの名前らしい。なので赤い星もついてる。

続く。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中